きっかけがなんであれ、人生のとある段階でSITHホ・オポノポノと出会い、
実践をはじめる人々がいます。
わたしもそうですし、これを読んでくださるあなた様もきっとそうなのでしょう。
問題を体験した時に、クリーニングを始める。
それによって、何が起きているのか、ほとんどのところ、
実はわたしたちはわかっていません。
しかし、夢から覚めていくように、クリーニングするごとに、
私たちは、神聖なる存在の目を通し、耳を通し、感覚、心を通して、
この人生を見るようになります。
たとえ、表面意識では知覚できていないとしてもウニヒピリは
どんどん記憶から解放されていきます。
ホ・オポノポノの体験談は、すべてがあなたのものです。
あらゆる体験談を通して、あなたが体験するものは、
神聖なる存在の息吹そのものです。
本当はいつも包まれているはずの神聖なる存在の
手に触れることができます。

イハレアカラ・ヒューレン博士


ある日のクリーニング

2018年12月12日

ある日 、ショッピングセンター からお家に帰るために バス乗り場から バスに乗ろうとしていました。

そこからバスに乗るのは初めてだったので、乗り方が分かりませんでした。

バスを待っている人たちから少し離れたところに、私が乗るバスがすでに待機しているようだったので、近づいて見ると、そのバスのそばで運転手のおじさんがタバコを吸っていました。

Continue Reading

科学者が出会ったホ・オポノポノ

記憶がまとめてくれた情報が「直感」 神聖なる存在が伝えてくれる情報が「インスピレーション」 科学者が出会ったホ・オポノポノ   デボラ ハレイワ マンギス PH.D (2019年3月開催予定ベーシック1クラス講師)   カリフォルニア大学バークレー校を卒業して以来、32年間アメリカ政府が運営するEPA(アメリカ合衆国環境保護庁)で科学者の立場から環境調査をしてきました。長年、学 […]
....続きを読む

2018年11月29日

家が勝手に・・・

ホ・オポノポノを10年前に知りました。その時は軽く目を通しただけで、潜在意識??なんのこと??とよくわからずじまい。 しかし最近になって賢人が何人も勧めていることを知り、これはどうも凄そうだと本腰を入れ本を10冊、5回以上読み、DVDも何百回と流しっぱなしにしていました。
....続きを読む

2018年11月10日

クリーニングすることがあるから

日本サン石油株式会社 代表取締役社長 井口泰秀さん 私の父は、戦前中国上海で高級潤滑油のメーカーである米国サン石油(Sunoco)社製品を中国本土で販売しておりました。終戦を迎え帰国後、米国サン石油社の資本参加の元、スノコ製品の日本国内、および東南アジアの販売拠点として昭和42年に日本サン石油を設立致しました。 私は、米国の大学卒業後、サンオイル本社に勤め、サンオイルの日本駐在員として、香港、中国 […]
....続きを読む

2018年11月1日

母とのトルコ旅行

父を亡くして一年半後、母とふたりでトルコに行ってきました。 日本各地から29名が参加する10日間のツアーでした。 出発前は乗り継ぎもあるトータル15時間以上のフライトに70代の母が疲れてしまわないかと心配でした。 そんなフライトの心配や、前日に通過した大型の台風のこともその都度クリーニングしました。
....続きを読む

2018年10月10日

「起きることすべての責任は自分にある」

北極星コーポレーション 代表取締役 宮崎泰彦さん (不動産再生及びコンサルタント事業)   ホ・オポノポノとの出会い   2008年に起きた世界金融危機、リーマン・ショック後に三年ほど、仕事全般へのやる気を失っていた頃に、知人の紹介でホ・オポノポノの本と出会いました。そこに書かれている「問題の原因である記憶をクリーニングする」という考え方がとてもわかりやすく、早速仕事に活用する […]
....続きを読む

2018年10月10日

ウニヒピリの声

20年以上勤めている現在の会社で、部署異動などを経るなかで自分の役割をうまく発揮できず、自分がしたいことや会社に貢献できることから少しずつずれていっているような感覚が一年以上続いていた時、体調を崩しました。 その頃は、すでにホ・オポノポノを始めて随分と経っていたのですが、クリーニングすることさえも滞りを感じるようになり、本当にこれは苦しい、辛いという内側から響くような声が聞こえたとき、改めて『ウニ […]
....続きを読む

2018年10月4日

自分にあるものに感謝を。

わたしは若い頃から、長く精神の病気(うつや強迫性障害)を経験してくる中で、ホ・オポノポノに出会いました。 心の状態は一番ひどい時より少しはよくなったものの、両親との関係や、うまくいかない人間関係や理解者がいない寂しさ、自分の進んでいく方向につねに悩み、時間ばかりが過ぎていく中、ひどいうつ状態で自分の感情や本当の気持ちがわからなくなっていました。 知人からの勧めや、その頃読んでいた服部みれいさんの著 […]
....続きを読む

2018年10月2日

父母のガン

私の父は肺がんです。2011年秋に、右肺(原発巣)から左肺、リンパに転移した状態で見つかり、ステージⅣと診断されました。手術は不可能、抗がん剤はいいうわさを聞かず。それでしばらくは副作用のない民間療法で治療をしましたがガンは大きくなるばかりで途方に暮れていたところ、分子標的薬という、ガンのみにターゲットをしぼった薬が使えることがわかり、治療を開始しました。
....続きを読む

2018年10月2日

再生・・・そして、クリーニングは続く

ホ・オポノポノを実践し始めてから10年目になろうとしています。 少しずついろんなことから自由になり、自分らしくいられる時間が増えてきました。 とくに、ここ2~3年はホ・オポノオノに出会っていなければ、乗り越えることができなかった・・。 本当にホ・オポノポノに出会えたことに深く深く感謝しています。 いいとか悪いとか判断することに疲れ果て、もっと上の次元に行きたいと思っていた時に、いつも買い物するネッ […]
....続きを読む

2018年9月26日