きっかけがなんであれ、人生のとある段階でSITHホ・オポノポノと出会い、
実践をはじめる人々がいます。
わたしもそうですし、これを読んでくださるあなた様もきっとそうなのでしょう。
問題を体験した時に、クリーニングを始める。
それによって、何が起きているのか、ほとんどのところ、
実はわたしたちはわかっていません。
しかし、夢から覚めていくように、クリーニングするごとに、
私たちは、神聖なる存在の目を通し、耳を通し、感覚、心を通して、
この人生を見るようになります。
たとえ、表面意識では知覚できていないとしてもウニヒピリは
どんどん記憶から解放されていきます。
ホ・オポノポノの体験談は、すべてがあなたのものです。
あらゆる体験談を通して、あなたが体験するものは、
神聖なる存在の息吹そのものです。
本当はいつも包まれているはずの神聖なる存在の
手に触れることができます。

イハレアカラ・ヒューレン博士




講師インタビュー

KR女史インタビュー:【 ホ・オポノポノの奇跡 】

2021年3月3日

過去に行われたインタビューの中でKR女史がホ・オポノポノについて話しています。

記者:これまでに何千人もの方にホ・オポノポノのカウンセリングをして来られたそうですが、多くの人の人生に変化をもたらすための貢献をされたのですね。

KR:わたしが誰かに関するホ・オポノポノのクリーニングをさせていただいているのは、すべて自分のためなのです。誰かがわたしに何かの間題を相談されるということは、その間題に関わるメモリーがわたしの中にあるからです。

セッション

KRさんのZOOM個⼈セッションを受けて

3年ほど前にKRさんの対⾯個⼈セッションを受けた後、なぜか20代の頃に中退した⼤学に戻りたくなり、ちゃんと卒業できるのかという不安をよそに、とても楽しく勉強し最短で卒業する事ができました。 今回のZOOMの相談は主に今後のキャリアについてでした。申し込む前は悩みでいっぱいな状態だったけれど、申し込んでからセッション当⽇まで1ヶ⽉間の間にいろんな状況が整理されて、当⽇はむしろ悩みが少ない状態になって […]
....続きを読む

2021年2月26日
書籍

ホ・オポノポノジャーニー

⽇々起きること、⾃分の中に起きる⾊々な感情に翻弄されながらも、ホ・オポノポノがあることでなんとかやれているけれど、私は、⾃分の中にある罪悪感や⼈にどう思われるかを知らず知らずのうちに気にしすぎてしまう部分に気づいてしまいます。 それもウニヒピリが⾒せてくれている記憶、だからクリーニングできること、クリーニングしなくちゃと頭では分かっていながらも、その記憶が膨⼤で重く感じられて、「ただ、やる」という […]
....続きを読む

2021年2月19日
その他

2008年にホ・オポノポノの本と出会いました。

2008年にホ・オポノポノの本と出会いました。 長年、家族の問題に悩まされそれは子ども時代からの傷付き体験となっていてメンタルにも影響が出て大変生き辛い状況の中での出会いでした。 本を読んでいると平安な気持ちになりクリーニングをすれば楽になるかもとはじめました。
....続きを読む

2021年2月12日
講演会

再びようこそ (アップデート?)

2021年1月30日モミラニ ラムストラムさんの『アーティスト ウェイ』講演会に参加させて頂きました。 そのおかげで、また、新たな気持ちでクリーニングするための気付きを得ることができました。ありがとうございました。 講演会の中で、一番ハッとさせられた言葉は「何かもうこれ以上抱えきれないという気持ちになるときは、ウニヒピリとともに居ないということ」でした。
....続きを読む

2021年2月5日
講師インタビュー

キャロライン・カワイアヌエヌエ・セイヤーズ インタビュー:【 拭えない不安のありか 】

わたしの人生はこの先どうなっていくのか? わたしって何者なんだろう? 短大を卒業し、ペンシルべニア州に引っ越してきたばかりの24歳のわたしは、いつもそんな漠然とした不安を抱えていました。 セルフ アイデンティティー スルー ホ・オポノポノ創始者のモーナがハワイから全米に活動拠点を広げたばかりの頃、わたしはペンシルベニアで初めて開催されたクラスに引き寄せられるようにして参加しました。   続きを読む
....続きを読む

2021年2月2日
その他

もう⼀度(何度⽬かな)

なんだか最近また⾝体も⼼も⾏き詰まっていて、久しぶりにホ・オポノポノのサイトを開きました。 何気なくSHIHOさんとKRさんの対談を読ませていただいて、ああ、ここに来るためだった。と思いました。
....続きを読む

2021年1月29日