受け入れ、許し、いたわり、愛すること

2010年11月4日

クリーニングを続けている今では毎瞬毎瞬の只今と向き合いながら充実した準備をし、運転する時はただただ運転し、お客さんと話すときはただただ相手の声に耳を傾け、思ったことを口にしております。

時にはお客さんにとって、耳の痛い事でも素直に口にすることも出来、より信用もしていただけていると実感しております。

うちはフィンランドのログハウスを扱っているんですが、全国二十数社の代理店がある中、今回のセールスキャンペーンでベストセールスパーソンになり、来年のフィンランドツアーに招待してもらえる事になりました。

これは、ただの一例で、親、家族とのコミュニケーション、人との対話も依然とはすごく変わり、スムーズに行くようになりました。

数年前まで僕は男たるや夢を持ち、目標を持ち、いずれは一旗あげなければならないと教育からか、慣習からか、長年思っておりました。そしてそういう男になれてない自分に負い目を感じ、又、どこかで諦め、そして自分を責めていました。

事がうまく運ばないのももちろん自分のせいだと思い、思ったことも口に出来ないでいた事もありました。

ところがホ・オポノポノと出会い、ヒューレン博士と出会い、自分を受け入れる、許す、いたわる、愛すことを知り、とても衝撃的でした。(2009年9月5.6日のセミナーです)

今ではそれで良いんだ、このままで良いんだと心から思い、すごく楽になり、クリーニングをし、全ての人や物、暮らさせてもらっている八ケ岳に感謝をして日々を送っております。

また、今では自分におこる良いことや悪い事、全ての事に昔ほど一喜一憂せず、心の触れ幅がいい意味で小さくなっているのも感じます。

会社をあげてホ・オポノポノのセミナーに参加してABC会社(仮名)とDEF社長(仮名)、同僚のGHIさん(仮名)に感謝いたします。

メールをいただきましてありがとうございました。

(40代男性)

リストへ戻る

You Might Also Like