ホ・オポノポノ体験談

ブルー・ソーラー・ウォーターを飲む

2011年6月24日

2008年3月末日、ベーシックセミナーに参加し、ブルーソーラーウォーターのことを知りました。家に帰ってからブルーのボトルを早速探し、作りました。

そして、飲み始めてから3日目くらいから、身体の芯がポカポカとしているのに気が付きました。微熱かなと思いつつ、ぐびぐびと飲み続けていました。

すると、七日目くらいからでしょうか。身体の凝りが意識されるようになったのです。普段からもストレッチやマッサージをしているので、凝りには敏感だし、メンテナンスもしていたしているつもりでした。

しかし、「あっ、ココがコリの芯だ。」と分かるようになったのです。今度はそれに向って、四つの言葉を繰り返しました。

ブルーソラーウォーターを飲んで、四つの言葉をくり返す。これを続けていると、マッサージに行ってリフレッシュをした後のように、健やかになりました。

それからというもの、毎日飲むのを欠かしていません。長い時間、PCに向いながらブルーのボトルを隣において、ぐびぐびと飲みながら仕事をしています。

身体の凝りや疲れは、比べものにならないくらい楽になっています。長時間の会議や、多量の資料づくりの後は、頭も身体もボーっと疲れ切っていますが、こんな時は、寝る前に必ず、一本、ブルー・ソーラー・ウォーターを飲んでから寝ます。

すると、翌朝、気分はすっきりしていますし、夢で資料の全容が明らかになったり、目覚める瞬間にインスピレーションがやってきたりと、楽しいことの嵐です。

心も身体も、アイディアもブルー・ソーラー・ウォーターでこんなにも改善されるとは思っていなかっただけに、今では飲むのが習慣であり、飲むのが楽しくて仕方がありません。

(男性)

リストへ戻る

You Might Also Like