書籍

ウニヒピリとの約束

2019年10月4日

私は生まれつき障害を持って生まれました。そのため、小中高では、いじめを経験し、自意識過剰になったり、苦しい思いをしていました。

大学生になり、悶々と毎日を過ごしていたところ、地元の図書館でホオポノポノと出会い、ウニヒピリの存在を知りました。

『私の中に可愛いもう一人の私がいる!』と嬉しくなり、毎日楽しくクリーニングに励みました。そして、大学1年目の秋頃、ついにウニヒピリの声が聞こえ、本当の自分との対話に成功しました。

毎日のように、クリーニングし、ウニヒピリと会話するようになって、約束したことがあります。決して、ウニヒピリを傷つけないこと。そして、ウニヒピリがいることによって今の私がいると言うことを忘れないでと彼女に教えられました。
正直、今までどう生きていけばいいか分からなかったです。そんな時にウニヒピリと出会ったこともあり、私の人生に大きな転機がやってきたんだと思います。これからも、ウニヒピリと繋がって、約束を果たそうと思います。

KRさん、ヒューレン博士、本当にありがとう。ごめんなさい。許して下さい。愛してます。

20代 女性

リストへ戻る

You Might Also Like

書籍

自分にあるものに感謝を。

わたしは若い頃から、長く精神の病気(うつや強迫性障害)を経験してくる中で、ホ・オポノポノに出会いました。 心の状態は一番ひどい時より少しはよくなったものの、両親との関係や、うまくいかない人間関係や理解者がいない寂しさ、自分の進んでいく方向につねに悩み、時間ばかりが過ぎていく中、ひどいうつ状態で自分の感情や本当の気持ちがわからなくなっていました。 知人からの勧めや、その頃読んでいた服部みれいさんの著 […]
....続きを読む

2018年10月2日
書籍

ホ・オポノポノジャーニー

⽇々起きること、⾃分の中に起きる⾊々な感情に翻弄されながらも、ホ・オポノポノがあることでなんとかやれているけれど、私は、⾃分の中にある罪悪感や⼈にどう思われるかを知らず知らずのうちに気にしすぎてしまう部分に気づいてしまいます。 それもウニヒピリが⾒せてくれている記憶、だからクリーニングできること、クリーニングしなくちゃと頭では分かっていながらも、その記憶が膨⼤で重く感じられて、「ただ、やる」という […]
....続きを読む

2021年2月19日
書籍

自分

わたしはずっと自分が好きではなかったし、人のためにガマンするものだと思ってきました。何年か前に、娘の通う鍼灸院でホ・オポノポノの本を読み、それから吸い込まれるようにずっとクリーニングしています。
....続きを読む

2018年9月22日