書籍

暗闇の中に光の花

2019年11月8日

私は子供のころから悲観的になりやすいこと、そして嫉妬や後悔などが心に浮かぶとそれをいつまでも引きずり、考え過ぎてへとへとになったら、また新たな負の感情に巻き込まれることが悩みでした。

しかし、ホ・オポノポノに出会い、すこしづつ、自分が心に縛りつけていたそれらの感情を、自分自身を、自由にできることを学びました。

また、私は夢のなかでも学生時代の嫌な思い出やコンプレックスを見てしまうことが多々あり、そんな日は目覚めてから1日ずっとブルーな気分でした。
そんな中、アイリーンさんのAloha!の中で、夢で見たことや出てきた感情をクリーニングして下さい、と読んだとき、永久に続くかと思われた暗闇から救われたと強く感じました。

これからも、嫌な感情を味わうことはあるでしょう。
しかし、クリーニングを知った今は、とても心強くそして穏やかに過ごすことが出来ています。

(20代 女性 先粉)

リストへ戻る

You Might Also Like

書籍

オーディオブック / 読み聞かせ

ホ・オポノポノの本は、それぞれ何度も読み返していますが、オーディオブックで読み聞かせて貰うと、また新たな気付きがあり気に入っています。 そこにある、書いてある、目に見えるのに 受け取っていないコトの数々があります。
....続きを読む

2019年10月18日
書籍

自分にあるものに感謝を。

わたしは若い頃から、長く精神の病気(うつや強迫性障害)を経験してくる中で、ホ・オポノポノに出会いました。 心の状態は一番ひどい時より少しはよくなったものの、両親との関係や、うまくいかない人間関係や理解者がいない寂しさ、自分の進んでいく方向につねに悩み、時間ばかりが過ぎていく中、ひどいうつ状態で自分の感情や本当の気持ちがわからなくなっていました。 知人からの勧めや、その頃読んでいた服部みれいさんの著 […]
....続きを読む

2018年10月2日
書籍

ホ・オポノポノジャーニー

⽇々起きること、⾃分の中に起きる⾊々な感情に翻弄されながらも、ホ・オポノポノがあることでなんとかやれているけれど、私は、⾃分の中にある罪悪感や⼈にどう思われるかを知らず知らずのうちに気にしすぎてしまう部分に気づいてしまいます。 それもウニヒピリが⾒せてくれている記憶、だからクリーニングできること、クリーニングしなくちゃと頭では分かっていながらも、その記憶が膨⼤で重く感じられて、「ただ、やる」という […]
....続きを読む

2021年2月19日