講師インタビュー

ネロ・チェッコン氏インタビュー:【イタリアの月明かり】

2020年6月26日

新型コロナウイルスが発生してから今現在までに五十万人以上の感染が確認されています。

先進国を含む多くの国が緊急で国境を封鎖し、大小問わずイベントが中止されています。

オーバーシュート(爆発的感染、医療崩壊)を避けるために、多くの人々が強制的に自宅隔離を余儀なくされています。

これまで日本、韓国、台湾、中国をはじめとするアジア各国にSITHホ・オポノポノの講師として渡航してきた、ネロ・チェッコン氏は、現在、緊急事態宣言が発令され、世界でもっとも深刻な状況である国のいとつであるイタリアヴェローナで現在暮らしています。

ネロが、数日前にわたしたちアジア事務局に送ってくださったメールのメッセージをみなさまに共有させていただきます。

続きを読む

You Might Also Like

講師インタビュー

KR女史インタビュー:【 クリーニングするため、わたしたちは今ここにいる 】

クリーニングするものをウニヒピリが見せてくれる KR:わたしがセルフ アイデンティティ スルー ホ・オポノポノ(SITH)の創始者、モーナと出会ったのは9歳のとき。当時はまだSITHの母体になるものがなく、彼女が何年もかけて、ずっと瞑想とクリーニングをしながら、この形を作り上げて行きましたが、わたしは常に彼女と一緒に瞑想をしていました。 モーナは間題が自分の中にあるということに気づきました。ホ・オ […]
....続きを読む

2021年3月17日
講師インタビュー

教えてKR女史!:【 言葉に感情はこめなくていいの?】

日々、世界中のクライアントと個人セッションをしながら、クリーニングしているKR女史。ホ・オポノポノを実践する日々の中でふと出てくる疑問や質問をKR女史がシンプルにお答えする大好評の連載第二弾です。全6回に分けてお送りします。今回は第3回です。 続きを読む
....続きを読む

2021年7月7日
講師インタビュー

講師クリスティーン・レイマカマエ・チュウインタビュー:【「許せない役」を降りる 】

「人を許せない時、環境を許せない時、わたしたちは「今」を見失っています。 記憶によって、過去の中を彷徨っている亡霊のような状態です。 過去に起きたいくつかのことのせいで決定的に失われてしまった未来があるという思考を再生し続けています。 続きを読む
....続きを読む

2022年7月13日