講師インタビュー

KR女史インタビュー:【 クリーニングするため、わたしたちは今ここにいる 】

2021年3月17日

クリーニングするものをウニヒピリが見せてくれる

KR:わたしがセルフ アイデンティティ スルー ホ・オポノポノ(SITH)の創始者、モーナと出会ったのは9歳のとき。当時はまだSITHの母体になるものがなく、彼女が何年もかけて、ずっと瞑想とクリーニングをしながら、この形を作り上げて行きましたが、わたしは常に彼女と一緒に瞑想をしていました。
モーナは間題が自分の中にあるということに気づきました。ホ・オポノポノでしているのは「自分を知る、自分自身を取り戻す」ということです。

You Might Also Like

講師インタビュー

ネロ・チェッコン インタビュー:【 シチリア島と本当の自分 】

セルフアイデンティティーを取り戻すと人生そのものが行くべき場所に連れて行ってくれる。 続きを読む
....続きを読む

2021年7月21日
講師インタビュー

ヒューレン博士インタビュー:【 ディヴィニティ(神聖なる存在)の奇跡 】

潜在意識の中にある記憶をクリーニングするために、ホ・オポノポノでは4つの言葉を使うことをおすすめしています。 それは、「ありがとう。ごめんなさい。許してください。愛しています。」の4つ。 でも一体どのくらい続ければいいの?と思う人もいるのではないでしょうか? そこで、この4つの言葉やクリーニングに対する、さまざまな疑問にお答えします。 続きを読む
....続きを読む

2020年6月17日
講師インタビュー

KR女史インタビュー:【1円玉を大切に扱うことは人生も敬うということ】

過去に行われたインタビューの中でKR女史がホ・オポノポノを実践する人たちへお金の価値感のクリーニングについて話しています。 潜在意識のお金の価値感をとにかくクリーニングする 「お金はあなたにとって、どういうものですか?」と聞かれたら、「クリーニングをたくさんしなければならないもの」と答えます。なぜなら表面意識でお金を豊かに使えたとしても、潜在意識でお金に関する罪悪感を持っているかもしれない。 続き […]
....続きを読む

2020年10月21日