講師インタビュー

KR女史インタビュー:【 クリーニングするため、わたしたちは今ここにいる 】

2021年3月17日

クリーニングするものをウニヒピリが見せてくれる

KR:わたしがセルフ アイデンティティ スルー ホ・オポノポノ(SITH)の創始者、モーナと出会ったのは9歳のとき。当時はまだSITHの母体になるものがなく、彼女が何年もかけて、ずっと瞑想とクリーニングをしながら、この形を作り上げて行きましたが、わたしは常に彼女と一緒に瞑想をしていました。
モーナは間題が自分の中にあるということに気づきました。ホ・オポノポノでしているのは「自分を知る、自分自身を取り戻す」ということです。

You Might Also Like

講師インタビュー

講師メリー・コーラー インタビュー:【 夫の仕事に対して思う気持ちをクリーニング 】

わたしがクリーニングを始めて数年後、大きな転機が訪れました。 夫はパソコン関連の企業に勤め、申し分ない役職についていましたが、3人の仲間と1匹の犬で、新しい会社を企業したいと言い出したのです。 夫が安定した会社を辞めて独立したいと言ったとき、皆さんはどうするでしょうか? もしかしたら「そんな危険な賭けはやめて!」と必死に止めるかもしれません。 そのとき、わたしは自分の中に沸き起こる様々な感情をクリ […]
....続きを読む

2022年3月16日
講師インタビュー

KR女史に聞いてみた:【 夫婦問題編 】

【 KR女史に聞いてみた(夫婦問題編)】 教えて!KR女史 日々、世界中のクライアントと個人セッションをしながら、クリーニングしているKR女史。今回はその中でも多く寄せられている、問題や悩みへの向き合い方、ホ・オポノポノの実践方法についてお話ししていただきました。 いくつかのトピックにわけてKR女史のホ・オポノポノの実践方法を紹介していきます。 続きを読む
....続きを読む

2020年11月18日
講師インタビュー

講師アイリーン・シュウォネック インタビュー:【 通り抜ける道 】

わたしができることはクリーニングすることで、遮られた神聖なる存在との繋がりをただ取り戻すことなのです。 自分が他者や国、組織、または自分自身であったとしても、何かを許せないことに焦るのではなく、ただ内側に向けてクリーニングするのです。 続きを読む
....続きを読む

2022年1月12日