講師インタビュー

KR女史インタビュー:【 クリーニングするため、わたしたちは今ここにいる 】

2021年3月17日

クリーニングするものをウニヒピリが見せてくれる

KR:わたしがセルフ アイデンティティ スルー ホ・オポノポノ(SITH)の創始者、モーナと出会ったのは9歳のとき。当時はまだSITHの母体になるものがなく、彼女が何年もかけて、ずっと瞑想とクリーニングをしながら、この形を作り上げて行きましたが、わたしは常に彼女と一緒に瞑想をしていました。
モーナは間題が自分の中にあるということに気づきました。ホ・オポノポノでしているのは「自分を知る、自分自身を取り戻す」ということです。

You Might Also Like

講師インタビュー

KR女史 インタビュー:【 感情をクリーニングすれば、自然に物事が見えてくる 】

記者:ホ・オポノポノを実践している人が、受験生だったお子さんが第1志望に落ちてしまい、クリーニングのやり方が間違っていたのかと悩んでいました。クリーニングするときに大事なことがあれば教えていただけますか。 KR:ホ・オポノポノのクリーニングは、自分が何かを手に入れるためにするものではありません。 ホ・オポノポノの3つ図を思い出してください。わたし達には表面意識、潜在意識、超意識がありますが、わたし […]
....続きを読む

2020年10月1日
講師インタビュー

ヒューレン博士 インタビュー:【 自分をゼロの状態にすることは生きていく上で必要なこと 】

ホ・オポノポノでは、人が思うように生きることができないのは、潜在意識の中にある記憶が原因と考えています。辛い記憶はトラウマに、良い記憶は執着となって、わたしたちが正しい判断をすることの妨げとなっているのです。 続きを読む
....続きを読む

2021年6月2日
講師インタビュー

ネロ・チェッコン氏インタビュー:【クリーニングが外の世界にもたらすこと 】

現在のイタリアで体験した、その実例を今日は、紹介させてください。 新型コロナ感染拡大を受けて、今年3月末にミラノにあるホテルミケランジェロで開催を予定していたホ・オポノポノのクラスを、オンラインクラスに切り替えました。 わたしたちがクリー二ングして、その決定をしたのはイタリアの各都市がロックダウンするよりも前のことでした。 続きを読む
....続きを読む

2020年6月26日