講師インタビュー

ジーン・ナカサト インタビュー:【 ケガと病があらわれるとき 】

2021年6月9日

あなたやあなたの大切な誰かが何か病だと診断された時、「あなた」がそこで何を感じ、どうそれを受け取っているかということをクリーニングすることが、その時、何よりも重要な事だと、ホ・オポノポノでは考えます。

続きを読む

You Might Also Like

講師インタビュー

マーヴィン・カライキ・グリーノ インタビュー:【息子への不安が与えてくれたお金のクリーニング】

ビジネス、金銭問題、家族、対象が何であるとしても、問題が起きたとき、会社、同僚、お金、経済状況、国、家族に対して、クリーニングするのではなく、どんなときも問題が起きたときの自分自身の反応をまずはクリーニングします。 続きを読む
....続きを読む

2020年10月14日
講師インタビュー

KR女史インタビュー:【 自分の人生を生きるための大切なツール 】

過去に行われたインタビューの中でKR女史がホ・オポノポノについて話しています。 「ホ・オポノポノ」の成り立ち 記者:まず、 「ホ・オポノポノ」の成り立ちについて教えてください。 続きを読む
....続きを読む

2020年12月23日
講師インタビュー

KR女史 インタビュー:【 出来事の原因は自分の中にある「記憶」 】

ホ・オポノポノの基本は「ごめんなさい」「許してください」「ありがとう」「愛しています」の4つの言葉をつぶやくだけ。 声に出しても、心の中で唱えるだけでもかまわないし、「愛しています」だけでもかまいません。不幸な体験をしたら、4つの言葉でよびかけ、原因となっている記憶を消去しましょう。また嫌悪、嫉妬など負の感情はもちろん、喜びや愛情などの感情も湧き上がるたびにクリーニング。 それだけで記憶は消去され […]
....続きを読む

2020年10月1日