講師インタビュー

講師KRインタビュー:【「わたしは何も知らない」がもたらす自由 】

2022年6月15日

自分では処理しきれないような大きな変化が現れたとき、わたしがおまじないのように自分に言う言葉があります。

“We don’t know anything”

「わたしは何も知らない(わかっていない)」

なぜこの言葉が途方に暮れているときに役立つのか、それは、わたしを記憶の渦の中からクリーニングの入り口に立たせてくれるからです。

続きを読む

You Might Also Like

講師インタビュー

モミラニ女史インタビュー【 家のウニヒピリに呼びかける】

家にもウニヒピリがある   編集者(以下、編):前回に続いて、モミラニさんの実体験をお聞きしていきたいと思います。ホ・オポノポノでは「先祖代々に渡って記憶が消去される」など、大きなクリーニングの話がよくあると思うのですが。 モミラニ・ラムストラムさん(以下、M): 実はわたしにも、驚くようなできごとが起こりました。 わたしは夫と、「別荘を購入したいね」とよく話をしていたのです。そしてある […]
....続きを読む

2020年6月16日
講師インタビュー

キャロライン・カワイアヌエヌエ・セイヤーズ インタビュー:【 拭えない不安のありか 】

わたしの人生はこの先どうなっていくのか? わたしって何者なんだろう? 短大を卒業し、ペンシルべニア州に引っ越してきたばかりの24歳のわたしは、いつもそんな漠然とした不安を抱えていました。 セルフ アイデンティティー スルー ホ・オポノポノ創始者のモーナがハワイから全米に活動拠点を広げたばかりの頃、わたしはペンシルベニアで初めて開催されたクラスに引き寄せられるようにして参加しました。   続きを読む
....続きを読む

2021年2月2日
講師インタビュー

ヒューレン博士インタビュー:【 ディヴィニティ(神聖なる存在)の奇跡 】

潜在意識の中にある記憶をクリーニングするために、ホ・オポノポノでは4つの言葉を使うことをおすすめしています。 それは、「ありがとう。ごめんなさい。許してください。愛しています。」の4つ。 でも一体どのくらい続ければいいの?と思う人もいるのではないでしょうか? そこで、この4つの言葉やクリーニングに対する、さまざまな疑問にお答えします。 続きを読む
....続きを読む

2020年6月17日