Category

ホ・オポノポノ体験談

きっかけがなんであれ、人生のとある段階でSITHホ・オポノポノと出会い、
実践をはじめる人々がいます。
わたしもそうですし、これを読んでくださるあなた様もきっとそうなのでしょう。
問題を体験した時に、クリーニングを始める。
それによって、何が起きているのか、ほとんどのところ、
実はわたしたちはわかっていません。
しかし、夢から覚めていくように、クリーニングするごとに、
私たちは、神聖なる存在の目を通し、耳を通し、感覚、心を通して、
この人生を見るようになります。
たとえ、表面意識では知覚できていないとしてもウニヒピリは
どんどん記憶から解放されていきます。
ホ・オポノポノの体験談は、すべてがあなたのものです。
あらゆる体験談を通して、あなたが体験するものは、
神聖なる存在の息吹そのものです。
本当はいつも包まれているはずの神聖なる存在の
手に触れることができます。

イハレアカラ・ヒューレン博士




ホ・オポノポノ体験談

現在と過去の自分と壮大な歴史をクリーニングしたら、娘が突然勉強熱心に!

2019年6月7日

【娘をどなりながらも記憶クリーニングした】

 私は塾の講師をしながら、心理学、宗教学、哲学、環境学などを学んでいます。
 3年前、平和学(諸国間の紛争を回避する手立てを研究する学問)について調べていたときに、「紛争、葛藤、問題を解決する手段」として出会ったのが、ホ・オポノポノでした。
その合理的でシンプルな手法に明るさと希望を感じ、すぐにヒューレン博士の講演会に参加。すばらしい方法論だと確信を得て、自らもクリーニングを実践し始めたのです。
Continue Reading

ホ・オポノポノ体験談

自分を大切にすること

 私は、胸の腫れに気づき、病院の検査結果を待っている間にヒューレン博士のホ・オポノポノセミナーを受けました。 そして検査の結果、乳癌とわかりました。こういった病気は、マスコミなどを通して様々な情報(メモリー)が氾濫しています。
....続きを読む

2019年5月17日
ホ・オポノポノ体験談

『アイスブルー』でのクリーニング

『アイスブルー』 このクリーニングツールで癒しを目の当たりにしたのは何度あったでしょう。 職場の枯れかかったポインセチアをお世話する人がほとんどいなく、私が水やりするだけでした。 数ヶ月して水やりの時に『アイスブルー』を唱え触り水やりし始めると、半月以上経った頃、新芽が出てきて生き返った様になりました。
....続きを読む

2019年5月10日
ホ・オポノポノ体験談

母の旅立ち

私は、幼いころから親を喪うことに強い恐怖を抱いていました。 親が年を重ね80歳を過ぎた、ここ1、2年は、先祖に対して「今日も両親を元気でいさせてくれてありがとう」と祈るのが日課になっていました。
....続きを読む

2019年3月6日
ホ・オポノポノ体験談

異国でこそ感じた ワンネス スルー ホ・オポノポノ

去年、神戸で講師を務められたチャールズさんのインタビュー記事を拝読し、クアラルンプール(KL)行きを思い立ったのは、1 月29 日の夕方でした。 フライトの下調べをしてから家族の了解を得、翌日の30日に事務局にクラスを申し込み、フライト、ホテルを確保するまで24時間以内でした。 奇しくも30日は、夫の大腸内視鏡検査の日でした。
....続きを読む

2019年2月27日
ホ・オポノポノ体験談

ささやかな幸せが。

昨日、帰りがとても遅くなったこともあり、今朝は仕事のことで不安な気持ちでいっぱいで、家を出る直前には涙が出てきました。 家を出てから、HAの呼吸をしました。 そうしたら、少し心が落ち着きました。そして、地下鉄の中で、「わたし」は「わたし」を何回か読み、心の中でも何回か繰り返しました。
....続きを読む

2019年2月26日
ホ・オポノポノ体験談

プールカードの破棄

ホ・オポノポノを始めて数カ月の夏のこと。 中2の孫息子が毎朝、学校行きたくない~ から始まって、何かと反抗している学校生活に心痛む日々であった。 そんな中で、授業用のプリントを破いたという報告を受けていたが、夏休み前の保護者会では、孫が破いてくちゃくちゃにしてゴミ箱に捨てたというプールカードを担任の先生から手渡された。 そして最後のラストプール授業が今度の火曜日にあるので、生徒手帳にでも記載してく […]
....続きを読む

2019年2月24日
ホ・オポノポノ体験談

再び会えたことに感謝

私はかつて夫の自営業を手伝い、子育てをして暮らしていました。事業(収入)が下降線にあると感じてからはどうすればいいのか分からず事務所の掃除を一生懸命したりと、『何か悪いもの』を浄化することで好転することを願い必死でした。 子どもとの関係、夫との関係にも行き詰まりを感じ、苦しかったです。
....続きを読む

2019年2月22日