きっかけがなんであれ、人生のとある段階でSITHホ・オポノポノと出会い、
実践をはじめる人々がいます。
わたしもそうですし、これを読んでくださるあなた様もきっとそうなのでしょう。
問題を体験した時に、クリーニングを始める。
それによって、何が起きているのか、ほとんどのところ、
実はわたしたちはわかっていません。
しかし、夢から覚めていくように、クリーニングするごとに、
私たちは、神聖なる存在の目を通し、耳を通し、感覚、心を通して、
この人生を見るようになります。
たとえ、表面意識では知覚できていないとしてもウニヒピリは
どんどん記憶から解放されていきます。
ホ・オポノポノの体験談は、すべてがあなたのものです。
あらゆる体験談を通して、あなたが体験するものは、
神聖なる存在の息吹そのものです。
本当はいつも包まれているはずの神聖なる存在の
手に触れることができます。

イハレアカラ・ヒューレン博士




講師インタビュー

KR女史インタビュー:【 たった一人のクリーニングが世界に影響を与えている 】

2020年7月29日

記者:現代社会では、たくさんの仕事や物事を抱えている人が多いですね。
わたしなども、いつも時間が足りないという悩みを抱えているのですが、アドバイスはありますか?

KR:ここで大切なポイントがあります。
自分の内なる子どもでもある潜在意識に対して、常に問いかけることをしてみるのです。

続きを読む

その他

より深く理解して、起き始めた事

2009年よりクリーニングを続けています。⻑くクリーニングを続けていても、記憶に⾜をとられて、まだまだ深くクリーニングできない時もあったり、逆にクリーニングに熱中しすぎて苦しくなったり。 あっという間に10年がたち、何も変わってないな…という思いもありましたが、最近、やはりちゃんとメモリーがわき起こってこなくなるまで、丁寧に浮かび上がってきた事をクリーニングしないからだと、改めて思いました。今まで […]
....続きを読む

2020年7月22日
KR遠隔ボディーワーク

遠隔ボディワーク

オポノポノについて、感覚的には納得してクリーニングを⽣活に取り⼊れ始めましたが、障害をもつ⼦供と接していると、どうしても感情的になり、家では⼤声をあげてしまうことも多く、⾃分の責任であること、0に戻ることを思い出せない⾃分がいました。
....続きを読む

2020年7月17日
講師インタビュー

KR女史インタビュー:【 日々の暮らしの中に取り入れるクリーニング 】

記者:KR女史は、ホ・オポノポノのクリーニングを若い頃から続けられているということで、きっと、わたしたちなんかよりもずっとクリーニングが進んでいるのですか? KR:そのように思われるかもしれませんが、ホ・オポノポノは、決してどれほどやったからいい、というようなものではないのです。 誰でも、いつでも始めることが出来、実際に始めた時がその人にとって最適なタイミングなのです。一度学んでも、何年も実行しな […]
....続きを読む

2020年7月15日
セッション

KR⼥史個⼈セッションを受けて

KR⼥史の電話個⼈セッションを2回受けさせていただきました。最近では、2020年の1⽉。初回は2年前の年末です。 初めて受ける時はどんな事をするのか︖何を聞かれるのか︖等と期待と不安が⼊り混じった気持ちでドキドキしていたのを覚えています。
....続きを読む

2020年7月11日
講師インタビュー

ヒューレン博士インタビュー:【 自分を愛するということ 】

インナーチャイルドを愛してあげると インスピレーションというギフトが届けられます インナーチャイルドとは何でしょうか? インナーチャイルドはあなたの潜在意識そのものです。あなたが長年苦しんできた思い出や記憶を全て抱えている子どもです。インナーチャイルドはあなたを待っています。この関わりこそ、ホ・オポノポノでは最も重要な関わりです。 続きを読む
....続きを読む

2020年7月8日
クラス

知的便秘のお通じ

4年前、ホ・オポノポノを始めて半年後に、ネロさんのクラスを受けさせていただきました。 当時は、ネロさんが教えて下さろうとすることを全て理解したいばかりに、⼀⾔も聞き漏らすまいと、必死でメモを取りました。
....続きを読む

2020年7月7日
講師インタビュー

ネロ・チェッコン氏インタビュー:【 安全を求めるあなたへ 】

イタリア主要都市がロックダウン(都市封鎖)してから、もうすぐ二ヶ月が経とうとしています。 正直なところ、今、大多数のイタリアの人々が驚きを持って受け止めつつある新しい自分たちの姿があります。 それは、経済ダメージがどんなに拡大していこうとも、 それがニュースの中だけでなく実際の生活に、ダイニングテーブルの上に並ぶお皿の中に具現化されていようとも、それでもわたしたちが、自然と「安全」を優先するように […]
....続きを読む

2020年6月26日
講師インタビュー

ネロ・チェッコン氏インタビュー:【クリーニングが外の世界にもたらすこと 】

現在のイタリアで体験した、その実例を今日は、紹介させてください。 新型コロナ感染拡大を受けて、今年3月末にミラノにあるホテルミケランジェロで開催を予定していたホ・オポノポノのクラスを、オンラインクラスに切り替えました。 わたしたちがクリー二ングして、その決定をしたのはイタリアの各都市がロックダウンするよりも前のことでした。 続きを読む
....続きを読む

2020年6月26日
講師インタビュー

ネロ・チェッコン氏インタビュー:【イタリアの月明かり】

新型コロナウイルスが発生してから今現在までに五十万人以上の感染が確認されています。 先進国を含む多くの国が緊急で国境を封鎖し、大小問わずイベントが中止されています。 オーバーシュート(爆発的感染、医療崩壊)を避けるために、多くの人々が強制的に自宅隔離を余儀なくされています。 これまで日本、韓国、台湾、中国をはじめとするアジア各国にSITHホ・オポノポノの講師として渡航してきた、ネロ・チェッコン氏は […]
....続きを読む

2020年6月26日