講師インタビュー

ヒューレン博士インタビュー2:「問題はどこにあるのか」

2019年10月10日

「わたしの中で何が起こっているので、わたしはこれを経験しなければならないだろう」

Q:ハワイ州立病院でのクリーニングについて、収監者に会わずにクリーニングされたそうですがその時のお話しをお聞かせいただけますか。

イハレアカラ・ヒューレン博士(以下イハレアカラ):セラピストはクライアントを助けるための訓練を受けてきます。わたしもそのように訓練をうけてきたので最初はただセラピストとして接していました。でもそれでは何もうまくいきませんでした。
わたしがそこで働き始めたとき、隔離病棟は満員で、手首などを拘束された人が多くいましたが、1年後には隔離病棟には誰もいなくなり、縛られて拘束された人もいなくなりました。
わたしは一体何をしたのでしょう。

続きを読む

 

You Might Also Like

講師インタビュー

KR女史 インタビュー:【 感情をクリーニングすれば、自然に物事が見えてくる 】

記者:ホ・オポノポノを実践している人が、受験生だったお子さんが第1志望に落ちてしまい、クリーニングのやり方が間違っていたのかと悩んでいました。クリーニングするときに大事なことがあれば教えていただけますか。 KR:ホ・オポノポノのクリーニングは、自分が何かを手に入れるためにするものではありません。 ホ・オポノポノの3つ図を思い出してください。わたし達には表面意識、潜在意識、超意識がありますが、わたし […]
....続きを読む

2020年10月1日
講師インタビュー

【 教えてKR女史!「クリーニングはいつまですればいいの?」】

日々、世界中のクライアントと個人セッションをしながら、クリーニングしているKR女史。ホ・オポノポノを実践する日々の中でふと出てくる疑問や質問をKR女史がシンプルにお答えする大好評の連載第二弾です。全6回に分けてお送りします。今回は第5回です。 続きを読む
....続きを読む

2021年7月28日
講師インタビュー

ヒューレン博士インタビュー:【 存在していることの素晴らしさ 】

生きているだけで素晴らしい。そう言える人はどれだけいるでしょう? 生きることが辛くなり死を選んでしまう人がいるのはなぜでしょう? 今、生きていることを実感できていますか? あなたはいつでも大きな力とつながっている「完全な存在」です。 続きを読む
....続きを読む

2020年6月17日