講師インタビュー

モミラニ女史インタビュー【 内気だった少女時代のこと】

2020年6月16日

昔はシャイだったんです

 

編集者(以下、編):ウニヒピリをケアするようになってご自身の心境や環境に変化や、「わたし、変わったな!」と実感していることはありますか?

モミラニ・ラムストラムさん(以下、M):ホ・オポノポノを実践して30年になるのですが、前と比べたら、もちろん気持ちが楽になりました。そして性格も大きく変わりました。わたしは若いころ、すごく恥ずかしがりやで、人前には出られない性格だったんです。

 

続きを読む

You Might Also Like

講師インタビュー

マハヤナ I. ドゥガスト Ph.D. インタビュー:【 あなたの目に映るその人 】

急ぎ足で街を歩いているとき、ガラス張りのビルに反射して、一人の女性の姿が映し出されました。 不意に目に入った、その女性は確かに生きていて、こちらを向いていて、顔に馴染みはありますが、その表情はとても無防備で、あらゆるケアを受ける価値がある存在だと感じました。 続きを読む
....続きを読む

2020年10月1日
講師インタビュー

キャロライン・カワイアヌエヌエ・セイヤーズ インタビュー:【 拭えない不安のありか 】

わたしの人生はこの先どうなっていくのか? わたしって何者なんだろう? 短大を卒業し、ペンシルべニア州に引っ越してきたばかりの24歳のわたしは、いつもそんな漠然とした不安を抱えていました。 セルフ アイデンティティー スルー ホ・オポノポノ創始者のモーナがハワイから全米に活動拠点を広げたばかりの頃、わたしはペンシルベニアで初めて開催されたクラスに引き寄せられるようにして参加しました。   続きを読む
....続きを読む

2021年2月2日
ホ・オポノポノ体験談 講師インタビュー

モーナの癒しの祈り

カフナとしてハワイ伝統医療のスペシャリストとして活躍するハワイ州宝のモーナは、人間、自らたった一人で、自分自身の意識の中にあるコンピューターから、自分にとって、不自由で不快な体験をもたらす余分なデータを取り除く方法に気づきました。 以下はモーナが、1985年、ニューヨークで開催された国連による異文化研究協議会において、ゲストスピーカーとして参加した際に、発言したものです。 続きを読む
....続きを読む

2020年6月10日