その他

職場におけるクリーニング

2021年3月11日

ホ・オポノポノに出会ってほぼ10年。
それまでの人生で苦しんだことや常に抱えていたいら立ちが薄紙をはがすように消えていく。
おかげさまで、そのような経験を何度もさせていただいています。

2年前よりひょんなことから保健所の非常勤職員として勤務することになりました。
主にデータの入力や受付などの補助業務を行っていますが、その中に精神疾患を抱えた方々のデータを入力する仕事があります。患者さんの名前や住所、病名や病院をパソコンに入力するだけなのですが、
はじめのころは疲労が激しくてたまりませんでした。

実は私自身、パニックやうつ、めまいの症状で長年苦しんできました。
また、私の家族にも精神疾患を患ったり、自殺した人がいました。
データを入力するたびに自分自身とリンクする情報が飛び込んできて、不安やめまいの症状が再燃するようになったのです。けれど、これこそがクリーニングの機会ととらえ、気が付いたらクリーニングを続けてきました。時には自分が、家族が精神疾患を発症してしまうのではないか、という漠然とした妄想も沸き上がりました。そんなときも、ひたすらクリーニング。1年ほどたったある日、ふと「消えた」と感じる瞬間がありました。それまで感じていた精神疾患への恐怖、不安、偏見などがパッと無くなった感じがしたのです。その頃から、長年つらかった朝のゆううつ感が消えていました。
今も同じ業務を続けていますが、以前のように心が乱されることはずいぶんと減りました。
それでも、自分の感情が動いたときはクリーニングを実践しています。

今は、コロナ感染で保健所も大変です。
こんな時に、保健所で働いている事、これも偶然ではないと思っています。
毎日、職場に入る前に「ハーの呼吸」とブルーソーラーウォーターのイメージを持っていきます。
そのおかげか、大変な中でもそれぞれがリズムを持って働いているそんな職場になっていると感じています。これからもご縁がある限り、今の職場でクリーニングを続けていこうと思います。

ありがとうございます。

女性
40代

 

You Might Also Like

その他

クリーニング体験談

Cleaningをして、心の中で声が聞こえたことが2度あります。 7~8年前、熱心にCleaningをしていた時、誰かが私に自分の洗礼名を当ててみなさいと言ったら私の心の中で「マリア」と聞こえました。 そのまま「マリア」と答えたら、どうして知っていたのかと驚きました。 そして2019年にも似たような経験をしました。
....続きを読む

2021年4月8日
その他

母との関係

母との関係のクリーニングは私にとって、とても難儀な課題でした。 私にとって母は自分勝手でわがまま、気分屋で嘘つき、何かあるたびに八つ当たりされ、濡れ衣をきせられ、振り回される、親子の縁を切りたいと思う存在でした。
....続きを読む

2019年2月11日
その他

母とのトルコ旅行

父を亡くして一年半後、母とふたりでトルコに行ってきました。 日本各地から29名が参加する10日間のツアーでした。 出発前は乗り継ぎもあるトータル15時間以上のフライトに70代の母が疲れてしまわないかと心配でした。 そんなフライトの心配や、前日に通過した大型の台風のこともその都度クリーニングしました。
....続きを読む

2018年10月10日