講師インタビュー

KR女史インタビュー:【 クリーニングするため、わたしたちは今ここにいる 】

2021年3月17日

クリーニングするものをウニヒピリが見せてくれる

KR:わたしがセルフ アイデンティティ スルー ホ・オポノポノ(SITH)の創始者、モーナと出会ったのは9歳のとき。当時はまだSITHの母体になるものがなく、彼女が何年もかけて、ずっと瞑想とクリーニングをしながら、この形を作り上げて行きましたが、わたしは常に彼女と一緒に瞑想をしていました。
モーナは間題が自分の中にあるということに気づきました。ホ・オポノポノでしているのは「自分を知る、自分自身を取り戻す」ということです。

You Might Also Like

講師インタビュー

ヒューレン博士インタビュー3:「メモリーブロック」

過去に行われたインタビューの中で、お金や健康での問題、その本当の原因をヒューレン博士が話しています。 「全ては記憶の再生」 Q:最初にお金のことありきでなく、愛からの行動がお金を生むとのことですが、どうしても最初にお金のことを考えてしまうとか、貧しかったり、経済的に逼迫していて、お金のことを優先せざるを得ないときはどうなりますか。 そういう人には、結局、必要なお金は入ってこないのでしょうか。 イハ […]
....続きを読む

2019年10月10日
講師インタビュー

ヒューレン博士インタビュー:【 クリーニングしてゼロに戻るということ 】

わたしたちが生きる意味とは何なのか? 難しく考える必要は全くありません。なすべきことはただ、記憶によってがんじがらめになった状況をクリーニングすることだけです。 続きを読む
....続きを読む

2020年6月24日
講師インタビュー

イハレアカラ・ヒューレン博士の部屋から(2)

アメリカ、カリフォルニア州ロスアンゼルスのとある住宅地、緑に囲まれた静かな一軒家で、現在ヒューレン博士は暮らしています。 世界中で開催されているSITHクラスのマスタークリーナーとして、家の外に出ることはありませんが、この家、そしてお庭で今も静かにクリーニングをされています。 ….続きを読む
....続きを読む

2019年4月11日