Category

KR遠隔ボディーワーク

きっかけがなんであれ、人生のとある段階でSITHホ・オポノポノと出会い、
実践をはじめる人々がいます。
わたしもそうですし、これを読んでくださるあなた様もきっとそうなのでしょう。
問題を体験した時に、クリーニングを始める。
それによって、何が起きているのか、ほとんどのところ、
実はわたしたちはわかっていません。
しかし、夢から覚めていくように、クリーニングするごとに、
私たちは、神聖なる存在の目を通し、耳を通し、感覚、心を通して、
この人生を見るようになります。
たとえ、表面意識では知覚できていないとしてもウニヒピリは
どんどん記憶から解放されていきます。
ホ・オポノポノの体験談は、すべてがあなたのものです。
あらゆる体験談を通して、あなたが体験するものは、
神聖なる存在の息吹そのものです。
本当はいつも包まれているはずの神聖なる存在の
手に触れることができます。

イハレアカラ・ヒューレン博士




KR遠隔ボディーワーク

遠隔ボディワーク

2020年7月17日

オポノポノについて、感覚的には納得してクリーニングを⽣活に取り⼊れ始めましたが、障害をもつ⼦供と接していると、どうしても感情的になり、家では⼤声をあげてしまうことも多く、⾃分の責任であること、0に戻ることを思い出せない⾃分がいました。

Continue Reading

KR遠隔ボディーワーク

KR遠隔ボディワーク

いつもお世話になっております。 10年ほど前に不妊治療、体調不良、鬱、隣人トラブル、結婚生活と実家のゴタゴタなどなど負のサイクルに巻き込まれていたころにホ・オポノポノを知りました。 最初は中々素直になれませんでしたが、4つの言葉が『過去に言えなかった&言われたかった言葉』だと気が付いてからは言えるようになりました。
....続きを読む

2019年2月1日
KR遠隔ボディーワーク

奇蹟に感謝

2013年3月26日。私は59才の時に41度の熱を出ました。町医者にかかりましたが熱が下がらず、4月2日に町立病院に入院しました。診察の結果、重症肺炎と診断されて入院しました。入院して2週間が経っても熱は下がりませんでした。 41、2度の高熱が続き意識がもうろうとなり、体が引き裂かれるような苦しさが襲ってきました。私は、こんな高熱を初めて体験しました。体が燃え煮えたぎった湯の中に入れられたように感 […]
....続きを読む

2018年9月21日