講師インタビュー

講師ネロ・チェッコンインタビュー:【 「愛」はあなたを自由にしていますか? 】

2022年10月19日

誰か、または何かを愛しているという時の自分がどんな状態であるかを考えてみたことはありますか?

この10年で「愛」という言葉を世の中のあちこちで聞くようになりました。わたしが小さい頃は、家族の中だけで交わされる親密な合言葉のようなものでしたが、今では新聞やニュースの中でも「愛」という言葉を聞くようになりました。

それは、ある一定の価値基準や個々の人生の指標を指すようなものとしても使われています。人生をより豊かにするためや、世界中で絶え間なく起きている紛争や分断の解決に「愛」が必要であると叫ばれるようになりました。

今日、ここで一度立ち止まって、自分を内省してみたいと思います。
わたしたちは「愛」を叫ぶとき
「愛」を体験していると思っているとき
「愛」のために何かをしているとき
実際に、どのような体験、体の感覚、思考があるのかを…。

最近、ホ・オポノポノのクラスの中で、ある女性がこのような話をしました。

「まだ幼い娘が、学校に馴染めず、感情的になり苦しんでいる。学校からも度々呼び出され、問題を感じている。苦しんでいる娘のためにクリーニングしたい。なぜなら、娘を心から愛しているから」

そこで実際にクリーニングしていくのですが、そのときにわたしは彼女に問いかけました。

「あなたはたった今、愛を感じていますか?それとも苦しみを体験していますか?」

彼女は「苦しみ」であると答えました。

この正直な若い母親の分かち合いから、わたしたちはひとつの大事な事実を知ることができます。
それは、どの瞬間も「愛か記憶」そのどちらかしか選べないということです。

わたしたちはしばしば、愛する者、愛することのために苦しむという選択をしがちですが、実際にはその瞬間に愛はありません。そこには、自分自身が元々持っていた記憶が再生されています。

愛する娘の話を通して、その母親が体験しているのは実際には、愛ではなく、苦しみです。苦しんでいるのは紛れもなく彼女自身です。
まずは、自分自身が記憶から自由になり、愛を取り戻す必要があります。娘が苦しんでいるという状況から苦しんでいるのは、自分自身なのです。まずは自分を救う必要があるのです。

わたしたちには人間関係において様々な役割や責任があります。しかし、そのどれをとっても、神聖なる存在の役割をもつことはできないのです。
ですから、愛するのであればこそ、まず自分が自由になることが必要です。そうすれば、まずは自分から、そしてそれを通して子も社会も自由を取り戻すことができます。

平和
ネロ・チェッコン


You Might Also Like

講師インタビュー

講師モミラニ・ラムストラムインタビュー:【 あなたがお世話している人の正体(子育てを通して)】

今もしも、あなたが子育ての最中であるとしたら、いつもハッピーで好奇心に満ち溢れた賢い人間を育てるということがあなたの役割ではありません。 それよりも、子どもをケアするという役割の中で、これまで繰り返し再生されてきた記憶を手放すチャンスを与えられているのです。 続きを読む
....続きを読む

2022年4月27日
講師インタビュー

ヒューレン博士インタビュー2:「問題はどこにあるのか」

「わたしの中で何が起こっているので、わたしはこれを経験しなければならないだろう」 Q:ハワイ州立病院でのクリーニングについて、収監者に会わずにクリーニングされたそうですがその時のお話しをお聞かせいただけますか。 イハレアカラ・ヒューレン博士(以下イハレアカラ):セラピストはクライアントを助けるための訓練を受けてきます。わたしもそのように訓練をうけてきたので最初はただセラピストとして接していました。 […]
....続きを読む

2019年10月10日
講師インタビュー

モミラニ女史インタビュー【 内気だった少女時代のこと】

昔はシャイだったんです   編集者(以下、編):ウニヒピリをケアするようになってご自身の心境や環境に変化や、「わたし、変わったな!」と実感していることはありますか? モミラニ・ラムストラムさん(以下、M):ホ・オポノポノを実践して30年になるのですが、前と比べたら、もちろん気持ちが楽になりました。そして性格も大きく変わりました。わたしは若いころ、すごく恥ずかしがりやで、人前には出られない […]
....続きを読む

2020年6月16日