書籍

自分自身とどこまでも関わっていこう

2018年9月23日

3年前、図書館でSITHの本に出会いました。当時の私は、心の中が寂しくてどうしようもない状態でした。自分も周りも問題だらけに感じていました。そんなとき、SITHの本を読み、私が感じていた寂しさ・恐怖などは、ウニヒピリが見せてくれている、ということが、理屈ではなく、心と体で理解できました。以後、クリーニングを続けています。

クリーニングをしていると、具体的に、目に見える形となって「奇跡」が起こることがあり、嬉しいです。でも、そのこと以上に、自分にとって尊いのが、「自分自身とどこまでも関わりを持って生きていこう」と思えるようになったことです。
私には様々な目標や、こうなったらいいのに、という願望がたくさんあり、それに向けて悩んだり、試行錯誤する日々ですが、苦しい時に、ウニヒピリに話しかけながらクリーニングしていると、「これは、私が私自身と良い関わりを持つために、あらわれてくれた目標や問題なんだ」と、ストンと腑に落ちる瞬間があり、その途端、心の中に暖かい火が灯ったような、何かに包まれるような安心感が生まれます。これは、外側に問題があると思っていたころの私には、絶対に味わうことができなかった感覚です。
自分の本音と向きあうことで、寂しさや焦りなどは、その色合いが、以前よりもむしろ濃く、深く感じられ、「こんなに凄いものを、私は抱えてきたのか!」と驚きます。でも、どんなことがあっても、クリーニングをして、安心に包まれた自分に戻っていきたいです。自分自身と関わる以上に豊かで心地よいことは、この世界のどこにもないと、本当に思います。このことが、クリーニングで得た最大のギフトです。

30代女性

リストへ戻る

You Might Also Like

書籍

自分

わたしはずっと自分が好きではなかったし、人のためにガマンするものだと思ってきました。何年か前に、娘の通う鍼灸院でホ・オポノポノの本を読み、それから吸い込まれるようにずっとクリーニングしています。
....続きを読む

2018年9月22日
書籍

暗闇の中に光の花

私は子供のころから悲観的になりやすいこと、そして嫉妬や後悔などが心に浮かぶとそれをいつまでも引きずり、考え過ぎてへとへとになったら、また新たな負の感情に巻き込まれることが悩みでした。
....続きを読む

2019年11月8日
書籍

自分にあるものに感謝を。

わたしは若い頃から、長く精神の病気(うつや強迫性障害)を経験してくる中で、ホ・オポノポノに出会いました。 心の状態は一番ひどい時より少しはよくなったものの、両親との関係や、うまくいかない人間関係や理解者がいない寂しさ、自分の進んでいく方向につねに悩み、時間ばかりが過ぎていく中、ひどいうつ状態で自分の感情や本当の気持ちがわからなくなっていました。 知人からの勧めや、その頃読んでいた服部みれいさんの著 […]
....続きを読む

2018年10月2日