ホ・オポノポノ体験談

自分にあるものに感謝を。

2018年10月2日

わたしは若い頃から、長く精神の病気(うつや強迫性障害)を経験してくる中で、ホ・オポノポノに出会いました。
心の状態は一番ひどい時より少しはよくなったものの、両親との関係や、うまくいかない人間関係や理解者がいない寂しさ、自分の進んでいく方向につねに悩み、時間ばかりが過ぎていく中、ひどいうつ状態で自分の感情や本当の気持ちがわからなくなっていました。
知人からの勧めや、その頃読んでいた服部みれいさんの著書に影響を受けて、ホ・オポノポノをはじめてきました。

5年近く続けてきていて、ありがとう・愛していますってずっと心で呟きながらきていたものの、
本当にウニヒピリの声に耳を傾けようって、どんなことを感じているの?って、自分の内側にきちんと向き合おうってし始めたのは、つい最近のことかもしれません。
愛されることや、大切にされることから飢えていたわたしは、人からの愛をずっとずっと求めてきて、
それが得られないと嘆いてきました。
そんな自分では自分を愛することができないと思ってきました。
けれどそれはきっとわたしの思い込みで、自分からまず始めることなんだと少しずつ感じられてきました。
自分で自分を愛すること、いたわることが心地のいいことに感じられるようになりつつあります。

ホ・オポノポノの素敵だなと思うところは、そんなふうに自分の内側で気づきがあることや、
深まっていくことって思います。
心が平和になる方へ、本当の自分とつながる方へ、ほんの少しずつ動いていっていること。
どちらへ進んだらいいのか?、そもそもいったい一番何が問題なのか?
もはやさっぱりわからなくなり、死んでしまいたくなる程に苦しい闇の中でもがいていたわたしにとって、
ホ・オポノポノは射しこんでくる光で、心の支えとなるものでした。

現実面でもよいことがありました!
金銭面ではまだうまくいかずに、ベーシッククラスの受講もなかなかできないような状態でいますが(汗)
『ホ・オポノポノライフ』に書かれているのを参考に、会社や経営者の名前等をクリーニングしていたら時給がぐっとアップしたり、他、大家さんの資金繰りがうまくいかずに競売にかかるかもしれなくなり心配していた現在住んでいるアパートが、競売の件はスッキリ解決したり・・・とよかったな、ありがたいな~と思えること、たくさんある気がしています。
両親との関係も、時間をかけながら、穏やかな関係に変化してきました。
職場でも周りの人たちが、なぜだか元気に穏やかになってきた感じがしています。
人間関係の中でうまくいかないとき、悲しみや寂しさから相手を悪く思ってしまうというパターンにわたしはなりがちなのですが、そこで「問題は自分の中にある」っていうふうに、少しずつでも目を向けられるようになったこと、とってもプレゼント!と思いました。

今年とても参っている時期に、講演会に参加させていただいたり、KRさんの遠隔ボディワークを受けさせていただいて、たくさん励ましをいただき、心のお守りにさせていただきました!
リーディングスタディのメールにもハッとさせられて、いつも助けられています。
平良ベティーさん、KRさん、はじめスタッフの皆様、いつも本当にありがとうございます。
ホ・オポノポノに出会えたこと、心から感謝しています。

 

40代
女性

 

 

 

リストへ戻る

You Might Also Like