ホ・オポノポノ体験談

母の旅立ち

2019年3月6日

私は、幼いころから親を喪うことに強い恐怖を抱いていました。

親が年を重ね80歳を過ぎた、ここ1、2年は、先祖に対して「今日も両親を元気でいさせてくれてありがとう」と祈るのが日課になっていました。

10年ほど前にホ・オポノポノと出会い、親の死に対する恐怖についてもクリーニングしていましたが、それでも、ずっと恐怖心は付きまとっていました。

ホ・オポノポノで知り合った友人から、クリーニングを続けていれば、そのときが来ても、受け入れられるよと言われ、その言葉にすがるようにクリーニングしていました。

今年の1月9日夜、隣に住んでいた実母が、入浴中に突然、あちらの世界に旅立ちました。

ほんの2時間ほど前に、クリーニングしながら、母にマッサージをして別れたばかりでした。

長い間、恐れていたことが、ついに現実になりました。

耐え難い悲しみ、苦しさがこみ上げてきました。

そのとき、出来ることはクリーニングだけでした。

四つの言葉を唱えると、悲しみが鎮まっていくのを、実感しました。

クリーニングの即時の効果を実感した初めての経験でした。

あんなに恐れていたにも拘らず、なぜか、母はベストのタイミングであちら側に移動したのだと、心から納得できました。

こうしておいたらよかったという後悔や、なぜ、逝ってしまったのかという恨みなどは、不思議なほど、起きてきませんでした。

もちろん、今でも、一日に何度も「母がいない」という思いに駆られますし、当日、異変に気づいて私を呼びに来た父の絶叫や、母の姿がフラッシュバックしてきます。

でも、母は、あちら側でとても幸せにしている、重たい体を脱ぎ捨てて、軽やかに新しい世界を謳歌していると感じることができます。

そして、いつでも「お母さん」と呼べば、相談に乗ったり、手助けをしたりしてくれると感じます。

ずっと、親を喪うことの恐怖をクリーニングし、それが現実になったときもクリーニングをし続けたことで、母に安らかな旅立ちをプレゼントできたのではないかと思います。

そして、残された私や父も、母の旅立ちを受け止め、前を向いて生きていく強さを与えてもらえたように思います。

私以外にも、大切な人を亡くす経験をされた方がおられたら、何かの参考になるかもしれないと思い、応募させていただきました。

ありがとうございます。

 

 

(50代女性)

リストへ戻る

You Might Also Like