書籍

自分

2018年9月22日

わたしはずっと自分が好きではなかったし、人のためにガマンするものだと思ってきました。何年か前に、娘の通う鍼灸院でホ・オポノポノの本を読み、それから吸い込まれるようにずっとクリーニングしています。

今、わたしは自分のことを大切にしています。いい子ぶるのをやめました。そのままの自分です。奇跡的な変化は特にありませんが、少し、流れがスムーズになったと感じています。何より、自分を大切にしていいと知った時、自分を大切にしなければならないと知った時、心から安心しました。今までごめんねと思っています。色々悩むこともあるけれど、その度にごめんなさいや愛していますと思っています。自分を大切にすることを教えてくださってありがとうございます。

40代女性

リストへ戻る

You Might Also Like

書籍

「起きることすべての責任は自分にある」

北極星コーポレーション 代表取締役 宮崎泰彦さん (不動産再生及びコンサルタント事業)   ホ・オポノポノとの出会い   2008年に起きた世界金融危機、リーマン・ショック後に三年ほど、仕事全般へのやる気を失っていた頃に、知人の紹介でホ・オポノポノの本と出会いました。そこに書かれている「問題の原因である記憶をクリーニングする」という考え方がとてもわかりやすく、早速仕事に活用する […]
....続きを読む

2018年10月10日
書籍

ウニヒピリとの約束

私は生まれつき障害を持って生まれました。そのため、小中高では、いじめを経験し、自意識過剰になったり、苦しい思いをしていました。 大学生になり、悶々と毎日を過ごしていたところ、地元の図書館でホオポノポノと出会い、ウニヒピリの存在を知りました。
....続きを読む

2019年10月4日
書籍

夢は大きく

子供の頃から人と違うことをしたいと思っていました。元々30歳の時にブラジルに一人で暮らしたり、スポーツエンターテインメントの分野で働いたりと、チャレンジ精神旺盛なパワーのあるほうなのですが、
....続きを読む

2010年11月18日