クラス

異国でこそ感じた ワンネス スルー ホ・オポノポノ

2019年2月27日

去年、神戸で講師を務められたチャールズさんのインタビュー記事を拝読し、クアラルンプール(KL)行きを思い立ったのは、1 月29 日の夕方でした。

フライトの下調べをしてから家族の了解を得、翌日の30日に事務局にクラスを申し込み、フライト、ホテルを確保するまで24時間以内でした。

奇しくも30日は、夫の大腸内視鏡検査の日でした。

とはいえ、その検査で癌が見つかるのは数%と聞いていましたし、自覚症状もありませんでしたから、本人も誰も全く心配していませんでした。

KL行きの準備コンプリート!と高揚していた私に、検査を終えて帰宅した夫が言うには、大腸に小さなポリープが見つかったと。

もし見過ごしていたら5年後位に癌の大手術になっていただろうとお医者様に言われたと。

「昨日君がKL に行く話をしていたから、その帰国の翌日から入院する予約をして来た」というのです。

この流れ! なんということでしょう。

Thank you. I love you. I am sorry. Please forgive me.

その後クリーニングをしながら、穏やかな20日間を過ごし、2月21日晴れてKLへ。

KLのクラスでは、自由闊達なやりとりで、講師のチャールズさんならではの様々なサプライズや笑いがあり、”I love you.” “We love you.”の言葉の花が始終あちらこちらに咲いていました。

異国にてホ・オポノポノを通じて感じるワンネスはとても心地良いものでした。

Thank you. I love you.

2月25日帰国。

26日夫の入院に同伴したところ休憩室に若い女性の入院患者さん2名を見つけ、家にストックしているホ・オポノポノの本をそこの本棚に加えるアイデアを思いつきました。

I am sorry. Please forgive me.

本日27日、お蔭様で、内視鏡手術は無事終了し、明日退院の予定です。

事情を知った”クラスメイト”からは、アイスブルーシャワーを惜しみなく頂戴しました。

Thank you. I love you.

読んで下さって有難うございました。

Peace of I,

 

(50代女性)

リストへ戻る

You Might Also Like

クラス

現在と過去の自分と壮大な歴史をクリーニングしたら、娘が突然勉強熱心に!

【娘をどなりながらも記憶クリーニングした】  私は塾の講師をしながら、心理学、宗教学、哲学、環境学などを学んでいます。  3年前、平和学(諸国間の紛争を回避する手立てを研究する学問)について調べていたときに、「紛争、葛藤、問題を解決する手段」として出会ったのが、ホ・オポノポノでした。 その合理的でシンプルな手法に明るさと希望を感じ、すぐにヒューレン博士の講演会に参加。すばらしい方法論だと確信を得て […]
....続きを読む

2019年6月7日
クラス

ウニヒピリの声

20年以上勤めている現在の会社で、部署異動などを経るなかで自分の役割をうまく発揮できず、自分がしたいことや会社に貢献できることから少しずつずれていっているような感覚が一年以上続いていた時、体調を崩しました。 その頃は、すでにホ・オポノポノを始めて随分と経っていたのですが、クリーニングすることさえも滞りを感じるようになり、本当にこれは苦しい、辛いという内側から響くような声が聞こえたとき、改めて『ウニ […]
....続きを読む

2018年10月4日
クラス

普通の悲しみ

いつもありがとうございます。神戸ベーシックセミナーでは、大変お世話になりました。スタッフの皆様お疲れ様でした。随分悩みましたが、今回思い切って受講して本当に救われました!
....続きを読む

2017年10月3日