その他

クリーニングのおかげでペットの猫ちゃんと最後の時間を過すことができました。

2019年3月6日

私は実際にクラスに参加したことがありませんが、本を読んだり、KR講演会の参加することで、ホ・オポノポノのクリーニング方法を知り、日々の生活の中で、実践しています。

家で飼っていた猫は、以前から重い病気で、今年、亡くなりました。

猫がなくなったことは、私にとっては悲しいことでしたが、ホ・オポノポノのお陰で想像していたより、楽に見送りすることができました。

重要な家族がいなくなってしまったようでとても寂しく感じることもありますが、ホ・オポノポノクリーニングのおかげで、猫の病気の発見、治療、そして私を助けてくれる多くの人々に出会うことができたことに感謝することができています。

以前の私は、物事に対して決断することがなかなかできませんでした。

しかし、このクリーニングプロセスの間に、私は今何をすべきかを見つけることができます。

猫ちゃんなくなる直前の、最後の時間、自宅でのケアし、クリーニングを続けていたので、別れることに対して後悔はないと感じることができました。

ホ・オポノポノ、ありがとうございました。

私は今でも亡くなった猫のこと思いだしますが、クリーニングをすると悲しい気持ちより、猫ちゃんと一緒に過ごした日々を愛で満たせていたこと、私の心にはたくさんの感謝と愛があることを感じることができます。

今回のことで、ホ・オポノポノ実践のお陰で私たちの家族を癒すことができたと実感することができました。

ホ・オポノポノとの出会いをありがとう。

 

(40代女性)

リストへ戻る

You Might Also Like

その他

自分を大切にすること

 私は、胸の腫れに気づき、病院の検査結果を待っている間にヒューレン博士のホ・オポノポノセミナーを受けました。 そして検査の結果、乳癌とわかりました。こういった病気は、マスコミなどを通して様々な情報(メモリー)が氾濫しています。
....続きを読む

2019年5月17日
その他

耐えがたい苦痛の中で夫とともにクリーニング、あと2日で死ぬはずの病から生還

【死の宣告から半年での生還」 「成人T細胞白血病リンパ腫です。現代医学ではなお使用がない病気です」  そう医師から宣告されたとき、私は自分の耳を疑いました。
....続きを読む

2019年6月21日
その他

すべては私が原因だった、決め付けをクリーニング

過日、鬱で入院中の主人を見舞った。自分で着替えられないと言う主人。極力自分で手足を動かすようにしないとね、と話した。  数日後の診察日に同伴した際、主治医からパーキンソン病を併発していると言われ、それで薬も飲み込めないのだと話されてビックリ。そのため着替えもできなかったのかと、その現状を知り、改めて無理難題なことを言った自分を深く内省した。
....続きを読む

2020年1月30日