書籍

自分

2018年9月22日

わたしはずっと自分が好きではなかったし、人のためにガマンするものだと思ってきました。何年か前に、娘の通う鍼灸院でホ・オポノポノの本を読み、それから吸い込まれるようにずっとクリーニングしています。

今、わたしは自分のことを大切にしています。いい子ぶるのをやめました。そのままの自分です。奇跡的な変化は特にありませんが、少し、流れがスムーズになったと感じています。何より、自分を大切にしていいと知った時、自分を大切にしなければならないと知った時、心から安心しました。今までごめんねと思っています。色々悩むこともあるけれど、その度にごめんなさいや愛していますと思っています。自分を大切にすることを教えてくださってありがとうございます。

40代女性

[su_button]リストへ戻る[/su_button]

You Might Also Like

書籍

ホ・オポノポノジャーニー

⽇々起きること、⾃分の中に起きる⾊々な感情に翻弄されながらも、ホ・オポノポノがあることでなんとかやれているけれど、私は、⾃分の中にある罪悪感や⼈にどう思われるかを知らず知らずのうちに気にしすぎてしまう部分に気づいてしまいます。 それもウニヒピリが⾒せてくれている記憶、だからクリーニングできること、クリーニングしなくちゃと頭では分かっていながらも、その記憶が膨⼤で重く感じられて、「ただ、やる」という […]
....続きを読む

2021年2月19日
書籍

とても落ち着きます

昨年11月頃から,「ホ・オポノポノ」関連の本をずっと拝読いたしております。今では毎日、寝る前に本を読み、言葉を心の中にしみこませています。
....続きを読む

2014年5月29日
書籍

暗闇の中に光の花

私は子供のころから悲観的になりやすいこと、そして嫉妬や後悔などが心に浮かぶとそれをいつまでも引きずり、考え過ぎてへとへとになったら、また新たな負の感情に巻き込まれることが悩みでした。
....続きを読む

2019年11月8日