ホ・オポノポノ体験談

父と弟と平和のひかり

2019年7月26日

体験談を採用して頂き感謝しております。日々の励みになっています。また、読まれる方に何かお役にたてれば、と思っていましたが、2018年12月14日に投稿しておりました「父と弟と平和のひかり」につきまして、当時の認識不足の箇所を訂正させてもらってもよろしいでしょうか。

冒頭の「クリーニングを始めて…」のところから「1、2年くらいはかかったかと記憶しています。」の部分になります。包み隠さす申しますと、わたしは23歳の頃から、うつ病等の精神病を25年間体験してきました。
その中で「痛み」の症状は、持病の症状と一般的にも知られていないことでした。ですので、主治医の先生にも伝えるのが遅くなってしまいました。体験談を提出したのは、そんな持病の症状が自覚できていない時期の言葉でした。誠実に伝えようとしたものでしたが、病気の症状は信頼できるお医者さんの診断をきちんと受けてから、言葉にしていくことが大切だと痛感しました。
そのあと、ストレスを和らげるお薬を処方してもらい、お陰様で痛みは収まりました。

それから、文中で、ヒューレン博士のハワイの精神病棟で身体に痛みを感じることがあったが「気にせずクリーニングを続けた」という体験談に励まされたことを伝えようとしたのですが、、何かヒューレン博士の感じた痛みと私が感じていたものが同じように読む人に感じさせてしまったとしたら申し訳なく…、読者の方やSITHホ・オポノポノ事務局の方々にも、わたしの文章に誤りがあったことをこの場をかりてお伝えしようと思います。。申し訳ありませんでした。
体験談は希望のひかりです。皆さんの印象的な言葉のフレーズを時々また読みたくなったりするので沢山ブックマークしています。

ありがとう
あいしています

40代女性

リストへ戻る

You Might Also Like