ホ・オポノポノ体験談

穏やかな奇跡

2010年12月8日

ホ・オポノポノを初めて知ったのは、ちょうど2年前でした。「みんなが幸せになるホ・オポノポノ」を読んで、半信半疑ながら何かあるたびに4つの言葉を口癖のように唱えたり、クリーニングツールを使ってクリーニングしていました。

しかし、本の体験談にあるような奇跡のような出来事があるわけでもなく、クリーニングしているのに「何故?」と思うような出来事が起こったり。

昨年12月、神戸で初めてベーシッククラスを受講させていただいたときのことは忘れません。ヒューレン博士にお逢いしてお話をお聴きして、全てと言っていいほど腑に落ちたのです。

本を読んだり、人から聞いたことではわからなかったことが、あのクラスに参加したことで心の底から実感できました。

その後、今までのことを振り返ってみると、自分では「どうしてうまくいかないのだろう?」と思っていたことが、実はうまくいっていたことに気付いたのです。

今年4月には神戸のビジネスクラスに参加させていただき、9月にはKR女史の講演会にも行かせていただきました。

自分に必要だなと思ったときに、タイミング良くクラスや講演会に参加することが出来て、本当に感謝しています。

そして、参加するたびにますますクリアになっていく自分を感じています。

本の体験談にあるような奇跡のようなことがおこっていなくても、私はとても幸せなのだと思います。日日、穏やかに過すことができているのですから。

もしかしたら、自分ではすごいと思っていなくても、こうやって穏やかに過せていること自体が素晴らしいことなのでしょう。

来年2月のベーシッククラス。2日目は、私の誕生日です。

クラス開催のお知らせを見たとき、絶対行く!と即決しました。これも、うまくいっていると云う、インスピレーションです。

これからも、日日、クリーニングし続けます。
本当に、ありがとうございます。

(60代)

リストへ戻る

You Might Also Like