きっかけがなんであれ、人生のとある段階でSITHホ・オポノポノと出会い、
実践をはじめる人々がいます。
わたしもそうですし、これを読んでくださるあなた様もきっとそうなのでしょう。
問題を体験した時に、クリーニングを始める。
それによって、何が起きているのか、ほとんどのところ、
実はわたしたちはわかっていません。
しかし、夢から覚めていくように、クリーニングするごとに、
私たちは、神聖なる存在の目を通し、耳を通し、感覚、心を通して、
この人生を見るようになります。
たとえ、表面意識では知覚できていないとしてもウニヒピリは
どんどん記憶から解放されていきます。
ホ・オポノポノの体験談は、すべてがあなたのものです。
あらゆる体験談を通して、あなたが体験するものは、
神聖なる存在の息吹そのものです。
本当はいつも包まれているはずの神聖なる存在の
手に触れることができます。

イハレアカラ・ヒューレン博士




その他

冷蔵庫のウニヒピリ

一緒に2度引っ越した、11才の冷蔵庫の冷凍庫が故障して、買い替える手配をしました。お気に入りの冷蔵庫でしたので、同じメーカーでほぼ同じ容量の冷蔵庫にしました。ところが今朝、ガチャっという音がして、氷が出て来ました。そして、冷凍室も動いていました。
....続きを読む

2022年4月1日
講師インタビュー

講師モミラニ・ラムストラムインタビュー:【「どうか、このままで…」そう願う自分が今すぐできること 】

14年前、家から車で行ける最も近い砂漠地帯の一角に家を買いました。 砂漠のど真ん中にあるその家は、わたしが自然に内なる家族とともに過ごすことができる大切な家です。家の周りには砂漠が続き、様々な色や形の野生のサボテンが群生しています。夜中には野生のコヨーテの遠吠えが聞こえ、自分はたった今、この地球に生きる、いのちの一部であることを思い出させてくれます。 続きを読む
....続きを読む

2022年3月23日
講師インタビュー

講師メリー・コーラー インタビュー:【 夫の仕事に対して思う気持ちをクリーニング 】

わたしがクリーニングを始めて数年後、大きな転機が訪れました。 夫はパソコン関連の企業に勤め、申し分ない役職についていましたが、3人の仲間と1匹の犬で、新しい会社を企業したいと言い出したのです。 夫が安定した会社を辞めて独立したいと言ったとき、皆さんはどうするでしょうか? もしかしたら「そんな危険な賭けはやめて!」と必死に止めるかもしれません。 そのとき、わたしは自分の中に沸き起こる様々な感情をクリ […]
....続きを読む

2022年3月16日
講師インタビュー

講師モミラニ・ラムストラムインタビュー:【 幾つになっても完璧な場所に辿り着く方法 】

雪だるまを作ったことはありますか? まず、最初に雪を集めて両手で持てるくらいの小さなボールを作ります。 それを雪が積もった地面の上で転がしていくと次第にどんどん大きくなって雪だるまを作ることができます。 手っ取り早い作り方は小さな雪のボールを作った後に雪が降り積もった山の頂上からそれを下に向かって転がり落とすことです。実際は、転がる過程でそこに突き出た木や枝、岩などに激突して崩壊してしまうことがほ […]
....続きを読む

2022年3月9日
その他

分かりやすい体験

短時間で分かりやすくクリーニングが完結した体験をお話をしたいと思います。 私は当時ある飲食店で働いていてその店のセキュリティー付きのカギを預かる立場にありました。 ところがある日、その大事なカギを無くしてしまったのです。探してもみつからず店長に報告すると店の代表から直 接セキュリティーシステムを含めたカギの弁償をするように言われました。 もともと低賃金で貯金もなかったので一体どれだけの金額を弁償し […]
....続きを読む

2022年3月3日
講師インタビュー

講師メリー・コーラー インタビュー:【 自分自身が整えば周りも整う 】

わたしは7人の子どもを育て上げました。末っ子も大学を卒業し子育てでは節目を迎え、今は夫と2人暮らしです。 子どもたちは優しく、夫婦仲もよく、経済的にも安定しています。こんなにも家族とお金に恵まれているのは、ホ・オポノポノと出会えたおかげです。 続きを読む
....続きを読む

2022年2月16日
その他 ホ・オポノポノ体験談

コンサートの裏方の仕事

あるコンサートのプログラムのアナウンスをした。夫が所属するギター教室の発表会だ。 夫が世話役になっており、夫から当日のプログラム(演奏者、曲目)のアナウンスを頼まれたのだ。 わたしは正直、夫がギターに熱中したり、ギター仲間と集まったりするのを日ごろから良く思っていなかった。家で練習されるとうるさく感じて別室にこもったりしている。発表会にもこれまであまり協力していなかった。それを夫も察して私にはあま […]
....続きを読む

2022年2月3日