きっかけがなんであれ、人生のとある段階でSITHホ・オポノポノと出会い、
実践をはじめる人々がいます。
わたしもそうですし、これを読んでくださるあなた様もきっとそうなのでしょう。
問題を体験した時に、クリーニングを始める。
それによって、何が起きているのか、ほとんどのところ、
実はわたしたちはわかっていません。
しかし、夢から覚めていくように、クリーニングするごとに、
私たちは、神聖なる存在の目を通し、耳を通し、感覚、心を通して、
この人生を見るようになります。
たとえ、表面意識では知覚できていないとしてもウニヒピリは
どんどん記憶から解放されていきます。
ホ・オポノポノの体験談は、すべてがあなたのものです。
あらゆる体験談を通して、あなたが体験するものは、
神聖なる存在の息吹そのものです。
本当はいつも包まれているはずの神聖なる存在の
手に触れることができます。

イハレアカラ・ヒューレン博士


講師インタビュー

「 より良い人間関係のために、いま、あなたができること 」SITH講師 モミラニさんのインタビュー

「 より良い人間関係のために、いま、あなたができること 」 より良い人間関係は、心地よい生活に欠かせません。 家族ともう少し正直にかかわり合えれば、素敵な人と出会えれば、毎日が輝くように思えます。 同僚や上司と良い関係があれば、毎日会社に行くことだって楽しみになるはず。 そんな気になる人間関係について、モミラニ講師に聞いてみました。
....続きを読む

2019年6月15日
講師インタビュー

「ヘルスクラスとは」SITH講師 ネロ・チェッコン インタビュー

ヘルスクラスで、あなたが学ぶことは「真に自分を愛する方法」です。 「自分を愛する」と重要性については昨今、プロフェッショナルな各分野(医学、経済、スポーツ、演劇、家庭生活、妊活など)で取り上げられるほどに、強調されていますが、実際のところ、私たちは「自分を愛する方法」について具体的に学んだことはないのではないでしょうか。 体は、「自己愛」を見失ったとき、その機能が機能していないとき、「病」として体 […]
....続きを読む

2019年6月10日
ホ・オポノポノ体験談

現在と過去の自分と壮大な歴史をクリーニングしたら、娘が突然勉強熱心に!

【娘をどなりながらも記憶クリーニングした】  私は塾の講師をしながら、心理学、宗教学、哲学、環境学などを学んでいます。  3年前、平和学(諸国間の紛争を回避する手立てを研究する学問)について調べていたときに、「紛争、葛藤、問題を解決する手段」として出会ったのが、ホ・オポノポノでした。 その合理的でシンプルな手法に明るさと希望を感じ、すぐにヒューレン博士の講演会に参加。すばらしい方法論だと確信を得て […]
....続きを読む

2019年6月7日
ホ・オポノポノ体験談

自分を大切にすること

 私は、胸の腫れに気づき、病院の検査結果を待っている間にヒューレン博士のホ・オポノポノセミナーを受けました。 そして検査の結果、乳癌とわかりました。こういった病気は、マスコミなどを通して様々な情報(メモリー)が氾濫しています。
....続きを読む

2019年5月17日
ホ・オポノポノ体験談

『アイスブルー』でのクリーニング

『アイスブルー』 このクリーニングツールで癒しを目の当たりにしたのは何度あったでしょう。 職場の枯れかかったポインセチアをお世話する人がほとんどいなく、私が水やりするだけでした。 数ヶ月して水やりの時に『アイスブルー』を唱え触り水やりし始めると、半月以上経った頃、新芽が出てきて生き返った様になりました。
....続きを読む

2019年5月10日
講師インタビュー

イハレアカラ・ヒューレン博士の部屋から(2)

アメリカ、カリフォルニア州ロスアンゼルスのとある住宅地、緑に囲まれた静かな一軒家で、現在ヒューレン博士は暮らしています。 世界中で開催されているSITHクラスのマスタークリーナーとして、家の外に出ることはありませんが、この家、そしてお庭で今も静かにクリーニングをされています。 ….続きを読む
....続きを読む

2019年4月11日
ホ・オポノポノ体験談

母の旅立ち

私は、幼いころから親を喪うことに強い恐怖を抱いていました。 親が年を重ね80歳を過ぎた、ここ1、2年は、先祖に対して「今日も両親を元気でいさせてくれてありがとう」と祈るのが日課になっていました。
....続きを読む

2019年3月6日